新着書籍 - 更新書籍 - 入手困難な書籍 - お薦め書籍 - マイリンク - マイリンク説明

ホーム > 箱館戦争・幕末 >

解説書

 

  [More] [New Window]
[他のカテゴリ] [サイトマップ] [ヘルプ] [修正・削除]

は入手困難な書籍、 はお薦め書籍です。 この色の文は管理人のコメントです。
※リンク先が無くなっている等の問題がある場合にはタイトル横の [管理者に通知] リンクを押して下さい。
※別窓オープン方法:■かバナーをクリックする。

  1 - 20 ( 24 件中 )  [ / 1 2 / 次ページ→ ]
箱館戦争のすべて

更新日:2005/02/06(Sun) 03:25 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:解説書]
これも解説本としてお薦め!「絶版」だが、細かい史実も知る事が出来る。
ごく稀にだが、古本屋で購入出来る事が可能。根気のある人は毎日古本屋サイトを覗いてみよう。
「〜史料集」よりは入手出来る確率が高め。私は8ヶ月かかって入手した。
「復刊ドットコム」にリンクを貼っています。
須藤隆仙編 新人物往来社 一九八四年

坂本竜馬を斬った男 幕臣今井信郎の生涯

更新日:2005/02/06(Sun) 03:16 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:解説書]
今井信郎の子孫の方による著作。幕臣として数奇な生涯を辿った今井の全てが網羅されている。
龍馬暗殺の件は、幕末FANには必読。『蝦夷之夢』などの解釈も付属しているので、読み応え充分!お薦め!
偶然にも古本屋で入手出来た。殆ど古本屋で出回る事無し。
今井幸彦 新人物往来社 一九八三年

荒井郁之助伝

更新日:2005/03/15(Tue) 21:23 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:解説書]
相対的に荒井郁之助と云う人物を鑑みている伝記。やや、時代錯誤的な表記があるものの、この本の方が面白い。
古本屋で出回るのは皆無。多分『箱館戦争史料集』並に難儀すると思います。
逢坂信ゴ(「ゴ」は五の下に心・JIS規格外文字) 北海タイムス 一九六七年

箱館戦争始末記

更新日:2005/02/06(Sun) 03:23 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:解説書]
物語風になっている箱館戦争の通史。特定の人物に焦点を当ててるのも特徴的。
以前は入手困難だったが、ここ数ヶ月程、比較的に安価な古本屋で入手出来る確率が増えています。直ぐに売り切れますので、要注意!
栗賀大介 新人物往来社 一九七二年

函館郷土覚え書

更新日:2005/02/06(Sun) 03:21 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:解説書]
南北海道の研究で有名な近江先生の自費出版書。豆本と言った所。箱館戦争関連をメインとしつつも 明治初期の函館事情についても掲載。地元郷土研究家としての「強み」が好著に繋がっていると思う。
入手は極めて困難。
近江幸雄 一九九四年

海将荒井郁之助 −維新海戰記−

更新日:2005/02/06(Sun) 03:13 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:解説書]
戦時中に発行された荒井のミニ伝記本。荒井の息子による寄稿もあり。
奇しくもこの本が発行された後、日本海軍が衰退したのは、周知の通り。
福永恭助 一九四三年

埋もれていた箱館戦争

更新日:2005/02/06(Sun) 03:08 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:解説書]
脇氏は放送作家であり乍らも、箱館戦争の「史実」に徹底的にこだわって研究されている方。 加えて達筆な方なので、この本で箱館戦争の「奥深さ」に驚く事請け合い。
私が購入した時は古本屋でも購入できたが、今では購入不可能。
脇哲 みやま書房 一九八一年

回天艦長甲賀源吾伝 附函館戦記

更新日:2005/02/06(Sun) 03:13 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:史料] [箱館戦争・幕末:解説書]
個人的にお薦めな一冊。甲賀の伝記以外にも荒井の遺稿や叔父である矢田堀鴻の生涯にも触れられている。
『函館戦記』は特に必読。また「回天」を知る為には外せない内容。
古本屋のみ入手可能だが、なかなか良い価格。
石橋絢彦 甲賀源吾伝刊行会 一九三三年

歴史と祭りとの出会い

更新日:2005/02/06(Sun) 16:09 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:解説書]
箱館戦争の戦い振りを忠実に再現した解説本。なかなか面白いが「蝦夷共和国」は止めて下さい…。
五稜郭タワーで購入可能。
箱館五稜郭祭実行委員会

陸軍創設史 フランス軍事顧問の影

更新日:2005/02/06(Sun) 16:08 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:解説書]
日本初の近代式陸軍である伝習隊から始まった日本陸軍創設のあらまし。
幕末の伝習隊から明治初期の陸軍創設までを解説している。古本屋で購入可能。
篠原宏 リブリポート 一九八三年

戊辰戦争全史 上巻 下巻

更新日:2005/02/06(Sun) 16:10 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:解説書]
「史料集」と間違って購入した曰く付きのもの。寧ろ、参考文献一覧が役に立ったり。
文字通り「戊辰戦争通史」と言った所。東北・北陸・会津・北海道の戦いが万遍なく網羅されている。
一般書店・古本屋で入手可能。
伊東成郎 菊池明 新人物往来社 一九九八年

幕末政治家

更新日:2005/02/06(Sun) 16:04 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[小栗忠順(上野介)・榎本武揚・大鳥圭介:解説書] [箱館戦争・幕末:解説書]
ジャーナリストとして名高い福地桜痴の視点による幕臣の評価。 福地の人物論には評価が分かれる所だが、幕末の生き証人による人物考察は必見であろう。
私は文庫版を入手したが、本の装丁仕様によって価格がまちまち。古本屋で入手可能。
福地源一郎 東洋文庫 平凡社 一九八九年

幕末軍艦咸臨丸 附録 徳川幕府艦船譜

更新日:2005/02/06(Sun) 16:03 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:解説書]
昭和初期に発刊されたものの復刻版。「咸臨」以外にも江戸幕府が購入した軍艦データーは必見に値する。
古本屋のみ購入可能。
文倉平次郎 名著刊行会 一九七九年

幕末維新人物事典

更新日:2005/02/06(Sun) 16:02 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:解説書]
質の低さに呆れた事典。扱う人物が多過ぎるので個々の人物紹介があまりにも簡略的な記述に過ぎない。 故に価格と内容が全く一致していない。大体、維新時代に活躍した人物を1冊で網羅する事に問題がある。
購入する価値無し。購入するなら5000円以下で妥当だろう。
宮崎十三八 安岡昭男 新人物往来社 一九九四年

幕末維新史の研究

更新日:2005/02/06(Sun) 15:58 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:解説書]
明治維新研究の第一人者による論文書。
学術レベルの視点は矢張り、違う。学術向け。
古本屋・一般書店両方で入手可能。
田中彰 吉川弘文館 一九九六年

箱館戦争

更新日:2005/02/06(Sun) 03:23 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:解説書]
箱館戦争について一通り解説されており、一部は細部まで言及されている。
古本屋で入手可能だが、価格は少し高め。高めの理由は発行部数が少ないのに加えて、北海道限定販売だったからそうだ。
武内収太 五稜郭タワー 一九八三年

平成15年度 特別展 箱館海戦記 −海と陸 箱館戦争と軍艦−

更新日:2005/02/06(Sun) 03:20 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:解説書]
平成15年度に函館博物館五稜郭分館で開催された特別展の図録。文字通り海軍を主眼に置いた特別展。
タイムリーな時期に行けなかったのが、残念である。
五稜郭分館で入手可能。
函館市立博物館友の会 二〇〇三年

幕将古屋佐久左右衛門(兄)・幕医高松凌雲(弟) 

更新日:2005/02/06(Sun) 03:19 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:解説書]
高松家の子孫による古屋・高松兄弟の自伝。兄の記述が大半に渡っている。
古屋の自伝はこれのみなので、或る意味非常に貴重。
古本屋でも購入可能。少々高め。
私家本 高松卯喜路 一九八〇年

誰も書けなかった箱館戦争

更新日:2005/02/06(Sun) 03:18 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:解説書]
箱館戦争解説本としてはお薦め。流石、放送作家は文章の書き方が上手い。 「新選組ギャル」には笑える。司馬遼太郎氏などの歴史小説愛読者は読まない方が無難。彼等に対して「辛辣」。
古本屋で確実に入手可能。
脇哲 新人物往来社 一九八八年

新訂福翁自伝

更新日:2005/02/06(Sun) 03:17 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[箱館戦争・幕末:解説書]
福沢諭吉の自叙伝。口語体なので読み易いし、しかも面白い。榎本助命経緯はここのを要約。
古本屋・一般書店両方で入手可能。
福沢諭吉 岩波文庫 一九七七年

  1 - 20 ( 24 件中 )  [ / 1 2 / 次ページ→ ]
【その他のカテゴリ】[↑ページTOPへ]
近世日本史(その他の時代含) 小栗忠順(上野介)・榎本武揚・大鳥圭介 箱館戦争・幕末 自治体発行物(地方史編纂)
おまけ:小説・マンガ

- Yomi-Search Ver4.21 -