新着書籍 - 更新書籍 - 入手困難な書籍 - お薦め書籍 - マイリンク - マイリンク説明

ホーム >

おまけ:小説・マンガ

 

  [More] [New Window]
[他のカテゴリ] [サイトマップ] [ヘルプ] [修正・削除]

は入手困難な書籍、 はお薦め書籍です。 この色の文は管理人のコメントです。
※リンク先が無くなっている等の問題がある場合にはタイトル横の [管理者に通知] リンクを押して下さい。
※別窓オープン方法:■かバナーをクリックする。

  1 - 3 ( 3 件中 ) 
小栗忠順 全2巻

更新日:2005/02/06(Sun) 16:28 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[おまけ:小説・マンガ]
忠順さんを題材とした小説は、近年よく発行される様になったが、私が読んだのはこれ。 母が「アンタの研究している人物の子孫の本だよ」と買ってきてくれた。
描写が丁寧でしかも、歴史小説には珍しく「参考文献」が掲載されている。或程度、信頼出来る「歴史小説」かも。
また、丘先生は忠順さんの家来を主人公にした小説を発表されました。
丘真也 作品社

武揚伝 文庫版 全4巻 ハードカバー全2巻

更新日:2005/02/06(Sun) 16:25 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[おまけ:小説・マンガ]
箱館戦争終結まで描かれた榎本の小説。「歴史小説」としては非常に面白い。但し、歴史小説家故に典型的で且つ贔屓のひき倒し的でもある史観論に基づく内容であるので、要注意。
只今、文庫として販売されているとの事です。ハードカバーでは誤字等があるので(読んだ段階で私も分かりました)文庫版の購入をお勧めします。2003年の東京農大での公開講座の時に先生がそう言われていたので(笑)。
佐々木譲 中央公論新社

北の獅子 全3巻

更新日:2005/02/06(Sun) 16:25 [修正・削除] [管理者に通知] [マイリンク追加]
[おまけ:小説・マンガ]
土方が主人公だが、市村と新選組隊士として入隊した官軍スパイである薩摩藩士、堀竜之進(←彼が格好良いのだ)の三者によって 物語が展開されている。
描写対象時代は箱館戦争。写実的な劇画がポイント。神田先生、絵がお上手です。 個人的に大鳥・荒井・伊庭八がとても似ているな〜、と思う。しかし一番笑えるのは、 あの榎本が自分の事を「私」と言ったり紳士的な振る舞いをしている所であろう。
神田たけ志 潮出版社

  1 - 3 ( 3 件中 ) 
【その他のカテゴリ】[↑ページTOPへ]
近世日本史(その他の時代含) 小栗忠順(上野介)・榎本武揚・大鳥圭介 箱館戦争・幕末 自治体発行物(地方史編纂)
おまけ:小説・マンガ

- Yomi-Search Ver4.21 -