研究所トップページ近世日本史トップ>小栗吉忠キーワード

小栗吉忠に関するキーワード

筒針(つつばり)

現在の愛知県岡崎市筒針町。
岡崎城のある位置から少し西にある。
常陸から三河に入部した小栗重弘が拠点を置いた地であり、
「小栗屋敷」若しくは「小栗城」の名前が史料で確認出来る。
吉忠は叔父の正重に養われる形でこの筒針で育ち成長の暁に城主と成る。

小栗党

三河一向一揆に於いて目覚ましい活躍した、小栗一族の武装集団。
その頭領格は、吉忠。
史料を読む限り、筒針小栗家以外にも他の小栗家一族がこの軍団に参加していた事が分かる。

中泉(なかいずみ)

現在の静岡県磐田市。JR東海道線磐田駅の南口一帯。
掛川の戦いで戦功を得た吉忠は、配下の同心達と共に
筒針からこの中泉へその拠点を移転した。
以後、吉忠は家康配下の代官として、この中泉を拠点にして内政に関与する。
中泉には家康の別荘「中泉御殿」があり、これは江戸時代以降「代官屋敷」となるが
御殿に吉忠が居住していたのか、或るいは、中泉近郷に居住していたのかそれは不明である。

小栗同心(おぐりどうしん)

吉忠の元には四十一人の同心が居た。
彼等の職務内容は、主として検地活動。
小栗同心は、いわば、江戸時代の代官制度の礎である。
同心の中での代表格は、江戸時代初期に活躍した伊奈忠次。
吉忠の死後、伊奈忠次が同心を統括する立場に転じ
家康の関東移封に於ける検地政策等で活躍する。

参考:『譜牒余録』に見られる「小栗同心」一覧表
同心の名前給分:単位「貫文」 同心の名前給分:単位「貫文」 同心の名前給分:単位「貫文」
伊奈熊蔵35 鈴木孫八郎30 杉浦小五郎30
鳥井宗助30 国府新次郎30 国府三平25
岩城弥平次30 国府助十郎20 小島千大夫25
鈴木甚助25 中野内蔵助25 中野弥左衛門20
河野新三郎25 成瀬作平30 天野善左衛門30
鳥居甚次郎18 高木藤五郎20 新家左内15
高梨弥十郎10 中根与左衛門15 岡村半右衛門15
天野新八郎10 池谷権之丞10 篠井彦右衛門20
杉浦弥太郎10 池谷与惣左衛門 中野次兵衛20
石田六蔵10 寺田二平次15 遠藤弥次郎15
池田弥助15 神部清蔵10 鈴木喜作20
中田喜大夫20 深津九蔵25 倉橋半四郎30
野呂弥兵衛20 矢部八左衛門20 大田七十郎10
岩井宗七郎15 中野七蔵35

研究所トップページ近世日本史トップ>小栗吉忠キーワード 一番上に戻る