研究所トップページ旅行記・収集物トップ>箱館政権幹部墓参巡り

箱館政権幹部墓参巡り

※「墓参の前書き執筆時」は2004年当時です。

事の起こりは以下の如くである。
仕事のお陰で4ヶ月毎に赴いていた函館に行く事が出来ずに日々、悶々としていた。
その様な或る日、「よくよく考えてみれば、箱館政権幹部の殆どは、戦争が終わった後
東京で活動を行っていたし、彼等の墓も都内にあるではないか。
そう考えてみると、函館よりも都内の方が彼等に関する史跡があるよな」となる結論に達した。
こうして、都内在中の特権を利用して、「箱館政権幹部墓参巡り」を決行した次第である。
流石に1回で全てを回りきる事が出来なかったので、第一段を10月30日に、第二弾は12月30日に決行した。

お断り:「その1メモ」で谷中に永井さんの墓云々と書いていますが、後で調べた所、永井さんの墓は別の寺院にありました…。見事な勘違いです。訂正はしていませんので、注意して下さい。

研究所トップページ旅行記・収集物トップ>箱館政権幹部墓参巡り