研究所トップページ旅行記・収集物トップ>JR北海道並び、北海道の写真

JR北海道並び、北海道の写真

何故か知らないが、私は北海道が好き。
特に道東の田舎路線は都会に住んでいる人間にとって、憧憬が多々存在しているからだ。
そんな田舎路線も炭坑の閉鎖等で周辺人口が激減し、その結果として多くの路線が姿を消した。
流石のJRも赤字には太刀打ち出来ない、と言った所なのか?

1997年8月下旬、幼なじみと共に北海道へ行った。
その時に撮影した写真が偶然、出てきたので、以下、列挙する。
北海道旅情に浸れれば、幸いである。


釧路湿原駅正面図
釧路湿原駅真横図
写真上:釧路湿原ではお馴染みのJR釧網線、釧路湿原駅。8月の下旬に行ったのだが、天気が悪いのも相重なってか(曇りと小雨)、気温が9度。寒過ぎる! でも、中に居たJR職員の人は、半袖だったと云う。まぁ、ストーブがあったけどね。
写真下:此方は釧路湿原駅を真横から撮影したもの。左に見える木の階段が、自然の中へ我々を誘う。


JR釧網線線路
踏切なんか有りません〜。必要ないんですよな(運転本数が少ない為)。と云う事で、少し線路の上を歩いてみました。都会ではこんな事出来ません。 釧路湿原駅にて。


糖路駅 LEの説明書が行方不明なので、ピンボケが甚だしい写真。摩周駅に行く途中に撮影した、糖路駅である。ほのぼのとした雰囲気が好き。


快速電車到着!IN摩周駅 摩周湖から釧路方面へ戻る時に乗車した、快速電車。摩周駅へ到着!


おおぞら待機中。IN釧路駅 これから、JR根室本線と石勝線を乗り継いで、釧路から新夕張まで3時間「おおぞら」に乗車します。フラッシュをたけば、良かった。


新夕張駅近くの陸橋。 おおぞらの旅を終えたJR石勝線の新夕張駅にて、一服。近くの陸橋を撮影した。


JR石勝線夕張駅。 この夕張駅は今の場所に落ち着くまで、何回も移転した経緯を持つ。可愛い駅舎だが、横に悠然とそびえ立つホテル「Mtレースイ」に迫力負けしている。余談だが、レースイは、お奨めのホテル。広くて迷子になりかけたが。


ゆうばりめろん工場。 至る所にメロンの臭いが漂う、ゆうばりめろん工場。ワインの製造過程を見る事が出来て、面白かった。ワインは今でも飲む事が出来ないけれども。ここで販売されているゼリーは、絶品の味!買うべし!


出発準備中!IN夕張駅 只今、出発準備中!夕張駅にて。後ろにそびえ立つMtレースイ、相変わらずデカい〜。


鈍行電車が千歳空港方面へGO!IN新夕張駅 また、おおぞらへ乗車する為に、夕張駅から乗車した鈍行電車とお別れ。バイバイ。石勝線は「ミニ新幹線」と称される様に特殊な路線。新夕張の次、楓から先は特急電車しか走らないし、そこから先は駅間、30分も要する駅が3つも存在する。石勝線が開通する前は、新冠・トマム(リゾートでお馴染み)・新得間は、正に陸の孤島だった訳だ。

研究所トップページ旅行記・収集物トップ>JR北海道並び、北海道の写真 一番上に戻る